<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

見る心

f0170305_23341447.jpg


ひとそれぞれ

人の数だけドラマがある。

雨っていいものなのかもと想う時と
雨で面倒くさいって思う時と

自分の心もそれぞれの時

雨だから休む勇気も時には必要

それも強さ。

強くなりたいと願うなら休みも絶対必要不可欠

f0170305_23365049.jpg


常に頑張ってしまうのは、カッコ悪い

さて明日からの雨。やすみましょ。
仕事は休めないから、せめて少しのんびりでも。
[PR]
by kirippi | 2008-06-25 23:41

トワの心臓が壊れはじめちゃった。
大丈夫って過信していたかも。このままの状態が長く続くと
ずっと信じていた。願っていた

まだ戦いは始まったばかり
全部全部頭では分かっている
前向きに考えるべき事も、全部。

どうしたらいいのかも・・・
トワのこと信じて前向きにいかなきゃってことも

頭では分かっている
みなが励ましてくれる事も全部分かっている

今日やっと泣けた。トワの事を思って泣けた
ココちゃんのことからずっと泣けずに来た

今日やっと泣く事ができた

f0170305_1321382.jpg


泣いて泣いて涙が枯れるまで泣きたい。

泣ける事って実はとっても素敵な事 
泣けるうちは大丈夫。心が枯れてしまう程の悲しみじゃないから
心に蓋をしてしまわないように・・・。

そして涙を受け止めてくれる人がいるって
なによりも幸せな事。

ありがとう
[PR]
by kirippi | 2008-06-23 13:30 | 気持ち

女の気持ち

過去の恋愛を語るわけでなく・・・

むか~~しむかし、私が「綺麗でありたい」と強く思った日の話を

f0170305_14395274.jpg


中学校は電車に乗って通っていた
だけども普通の普通の中学生

同級生で派手な子も、ブランドで固める子もいた中で
いたって普通のメガネをかけた普通の容姿で その辺にいる
チェッカーズ大好き♪とか言っていた普通の女の子だった私

ある日、親友と部活をサボりマックへ向かうその道で
一台の芸能人?っていうマイクロバスが止まった

たった2人のおねえさんが走って、バスが止まった駐車場へ
入っていき手紙を渡していた

外は明るく、駐車場は室内だった為 真っ暗
よく見えない

でも、でも、、どう見てもそこに居たのは
藤井フミヤと尚之

「え?やっしゃん?(フミヤの愛称)」「あれ?尚ちゃん?」

頭の中は「?????」で一杯
手も出なきゃ足も出ず、固まったままの私

「今のやっしゃん????」 信じられない思いだけ


当時そこはレコーディングスタジオだった場所で
そして「Song for U.S.A 」の撮影中だった


そう本物のフミヤと尚ちゃんだったんだけどね。

眼鏡の視力じゃ はっきり見えなかったんだよね
それが悔しくて悲しくて・・・

母に頼んでコンタクトレンズにした

そしていつまた会ってもいいように、おしゃれでいようと決心した

私が「綺麗でありたい」と強く思った そんな思い出

今でもこの曲聞くと あの時の事が蘇る
すっかり「いつも綺麗でいよう」と思ったあの気持ちは忘れてしまい
しかも今映像を見ると 当時の自分も思い出し ぎゃぁぁぁーって感じで
恥ずかしくなるけども・・・・

恋愛の思い出じゃなく、フミヤってことが私らしく
そして今でも「夢みる少女」の思いを持っている自分がおかしくて笑ってしまう

だけど夫にもよく言うんだけど、万が一フミヤに迫られたら速攻です・・・と
でも最近はとてもじゃないけど脱げません_| ̄|○ もうムリです_| ̄|○
夢よ さらばじゃ・・・・。
[PR]
by kirippi | 2008-06-19 15:01 | フミヤ&チェッカーズ

何年たっても・・・

この時期になるとお店の目立つところにやってくる「葉っぱ」

f0170305_23311861.jpg


どこがいいのかしら?と思いつつ、花好きの叔母が育ててるので
いつもお任せ。水をやるだけの私

ところが最近、「この葉のは花が咲くの?」と聞かれ 
母が「咲くわよ」と答えた後で、私に向って
「徹ちゃんがどっかから持ってきたやつよ」という

初耳の私はびっくりした

徹ちゃんは私の亡くなった従兄。
彼は小学2年生の時に癌にかかりそれからずっと闘病生活
学校なんてほとんどいけなかった。
小学6年生の最後の思い出にと、私の叔母である母と一緒に
林間学校に参加できるのを楽しみにしていた。
ところがその何日か前に病状が悪くなり、みんなが林間学校に
行っている間に天国へ遊びに行っちゃった。

それからもう20年以上の時がたっている。
それでもなお、この葉っぱはどんどん仲間を増やし成長している

植物の生命力も、残された人の思いも、
残して行ったものも 全部静かに静かに生きていた

自分が知らないだけで、知らないところでも。

そしてその葉っぱの意味を知っただけで、
見る目が変わることも
人間の気持ちなんて単純なんだなぁと驚く


命って案外静かに続いていくものなかもな
[PR]
by kirippi | 2008-06-17 23:50 | 家族

10文字の気持ち

父の姉が同じビルの下の階に住んでいる

私とひとつ違いの亡くなった従兄の母でもある

小さい頃から母と同じように育ててもらった

叔母は15年くらい前から耳が聴こえなくなってきている

いわゆる「難聴」

そんな叔母が今日言っていた、先日の出来事



ウォーキングの集いみたいな会に入ってる叔母と
叔母の難聴の友人

たまたまその会のメンバーで電車に乗り、たまたま乗り合わせた
健聴のおばさん3人組

そのうちのおばさんが、偶然隣に居合わせた
叔母の聞こえなくなってしまった友人に

「どこで降りるのですか?」

まったく聞こえなくなった友人は
紙とペンを差し出して「書いてください」と頼んだ

聴いてきたおばさんは

「やだァ ちょっと聞いただけなのに」と 笑い合っていた

f0170305_1364426.jpg


たった10文字 されど10文字

そのおばさんのしたことは許せないほど腹立たしい

私の叔母はとっても悲しかったと言っていた

私もとても悲しい


たった10文字


知っている?因果応報っていう言葉。
おばさんに笑って言い返したい


たった10文字の優しさを持てないおばさんに
[PR]
by kirippi | 2008-06-13 01:38

教え

f0170305_12183448.jpg


藤井フミヤ

私にたくさんの事を教えてくれた人


・・・フミヤを見ると私を思い出すとよく言われます

フミヤがデビューして25年 

だけどどんどん私には「愛するもの」が増えている

その真中でずっと変わらない想い

ある意味私って凄いな(笑) 
[PR]
by kirippi | 2008-06-12 12:24

笑顔

f0170305_23573273.jpg


アンコールワットで出会った運転手のナーさん。

私たちが戻ってくると、外に出て笑顔で待っててくれる

その笑顔を見るとホッとする。

ともちろちゃんが、ニコニコの笑顔で「ナーさん ただいま」と手を振る

そうするとナーさんが、はにかんだ笑顔で答えてくれる。


そのナーさんの笑顔は忘れない思い出のひとつ。

そして、ともちろちゃんも笑顔が素敵な人。

ともちろちゃんのメルアドに「笑顔に勝る化粧なし」とあった

ともちろちゃんのお父さんの言葉。


笑顔が自然に出る
それはとっても素敵なこと。

自然に笑ってる人でありたい。そう願うけれども
やはり自分の心の矢印でその笑顔の種類が変わってしまう

心が辛くても笑う

それだけ強い人になりたい

一生懸命頑張っている人に「大丈夫」って笑顔で言ってあげれる

その笑顔で少しでもホッとしてもらえたら

いっつもそう思っているけど、ここのところ強く強くそう願っている



そして自分のすぐそばにいる大事な人たちにも
自然にずっと笑顔で接していることができるように


自分の心が穏やかでいれること


また自分の未熟さに打ちのめされそう


少しずつ少しずつ変わっていけますように

いつか「あなたの笑顔を見るとホッとする」と言われるように
[PR]
by kirippi | 2008-06-11 00:18 | 気持ち

願い

犬バカ日誌を始めた事で、知り合うことの出来たワンコたち
毎日のように見ているので、愛しい気持ちがわいてくる
すっかり知り合いのワンコになっている

ヒナと似ているので大好きだったシーズーのココちゃん
ヒナと同じで、地べたに寝ちゃったり
狭い変な場所で寝ちゃったり。
ビビリーなところも とっても
ヒナと似ていると
勝手に親近感を持ち、ココちゃんのこと大好きになってた

まだ3歳。これからもっと楽しい事、嬉しい事、美味しい事
遊びだって初めてのこと経験するのに・・・。まだまだこれからなのに

突然の病に倒れてしまいました

今心細い中で一生懸命戦っています

ココちゃんの事を思うと、私が泣いたって仕方ないのに
涙が止まりません。

ご家族が辛いのに、ココちゃんが辛いのに・・・

ごめんなさい。

だけどココちゃんへの愛しい気持ちも
ココちゃんの生命力を信じてる気持ちは
届きますように・・・・。

本当に心からそう思っている 
信じている。

祈ります



なんでココちゃんなんだろう。
なんで?なんで??

運命ってなに??

健康で生きているってことは、奇跡なんだと
改めて思う

秋葉原で起こった凄惨な事件。
初めて行った秋葉原で事件に巻き込まれてしまう
何度も行っているのにその日はたまたま・・・
っていう人運命の別れ道

その境目はなに?


不謹慎かも知れないけれど、ひとつだけ覚悟している事が
決心している事がある。
トワが最期の時を迎えるその時、
あじゅが最期の時を迎えるその時
ヒナが最期の時を迎えるその時
目を閉じる瞬間の最期に見るものが、幸せな家族でありますように
絶対に微笑んであげたいと思っている

それが私の一番の責任だと思っている

ワンコって死の概念が無いので、飼い主さんが泣いていると
ワンコは最期が不安になるそうだ。
安心して虹の橋にいけるように笑ってあげましょう

それを知った時から、絶対に微笑んであげたいと決心した

それがとっても難しい事も 不可能に近くても
でもそうしたいと強く強く決心している

私にたくさんの幸せをくれた とわ あじゅ ひなへの
最期の愛だと思うから

f0170305_1153452.jpg


その瞳に写るものが幸せでありますように・・・・
[PR]
by kirippi | 2008-06-09 11:56 | 気持ち

プレゼント

f0170305_3273523.jpg


ロンドンに行った時に買った「えんぴつ」
クマさんの「えんぴつ」
可愛くてもったいなくて使えずにいる

そして「えんぴつ」を使う機会の少ない私

タイムマシーンに乗れるならば、これを持って


f0170305_330583.jpg


アンコールワットの遺跡で会った女の子

私を指さして書いてくれた絵をプレゼントしてくれたお礼に

 「はい どうぞ」

そんなことが出来たらいいね
[PR]
by kirippi | 2008-06-06 03:33 | アンコールワット

少女

レインブーツを購入
早速履いてみる

f0170305_155066.jpg


子供って雨降りの時に、長靴履いて合羽着て傘さして
お外へが大好き。
嬉しそうに歩いてる子も良く見かけるし
甥っ子も近所の小さい子も 雨上がりにしつこく長靴を履きたがる

自分の時もそうだったのかなぁ。

雨の歌は何を想像する?
雨の歌で大好きなのは「お山に雨が降りました~♪」
 あめふりくまのこ

雨の歌ってたくさんあるんだよなぁ
そしてそれぞれに思い出がある
雨って不思議

そんな遠い遠い昔の思い出


f0170305_160532.jpg


ともちろが撮ったアンコールワットに居た少女
 ドキッとする

この少女はどんな大人になっていくのだろうか
[PR]
by kirippi | 2008-06-03 16:08 | 思い出


ゆらゆらする私の日々のゆるゆるなお散歩日記写真


by kirippi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
植物
思い出
アンコールワット
気持ち
家族
フミヤ&チェッカーズ
京都
食べ物
友達
日々のこと
手話
旅のこと
写真
会社勤めのときの話
ドリカム
イベント
お勧め情報
娘のこと
未分類

以前の記事

2016年 03月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

お気に入りブログ

カンタとハンナ
てん(天丼)とぎゅう(牛...

excite以外のお気に入り

~MY BLOG~
犬バカ日誌☆

可愛いシーズー3匹の犬バカな
生活の様子です(^^ゞ
本家も是非ご覧下さい

ともちろ日記

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
40代

画像一覧