カテゴリ:アンコールワット( 16 )

豊かになる

なかなかこっちのブログを書けずにいますが
(犬ブログでさえ更新が滞りがち・・(^^ゞ

つい先日見つけた本
私が好きで良く読んでいる たかぎなおこさん

f0170305_15155765.jpg


この人のエッセイが「ほんわかぁ」としていて、とても好きです。

ローカルご飯見ると食べたくなります
(一度紹介したような気がしますが(笑)

その人の新しい本が
「アジアで花咲け! なでしこたち たかぎなおこが海外の働き女子に出会う旅」

内容は(メディアファクトリーより)
たかぎなおこがアジア4ヶ国を訪問、海外のステキな働き女子たちに会ってきました~! 本書は、大好評を博したNHKドキュメンタリー番組『アジアで花咲け! なでしこたち』の書籍化。番組内で使用した原稿に、描き下ろしを大幅に加えました! 訪れたのは、ベトナム、カンボジア、中国の深セン、東ティモール。それぞれの国でたくましく働くなでしこさんを、たかぎさんがレポート。旅モノとしても読み応えある1冊です。

というNHKの番組のかきおろし

このNHKのサイトで本も写真も読めます。


この中に「アンコールワット」があったのだ。

地雷の村をハーブでかえる


f0170305_15231124.jpg



f0170305_1524935.jpg




この女性はまだ28歳。
現地でカンボジア人スタッフを育成しつつ、ハーブを勉強しつつ
それを売って商売にする。


私も大好きな友人と10年以上前にアンコールワットに行った
その旅行記はこのブログの「カテゴリー アンコールワット」でまとめてあります。

その時にとても仲良く楽しく過ごした現地のガイドさんにね
「カンボジアは地雷の国と言われたけど、今はそうでないことを
日本に帰ったら伝えてください」と言われた。



そしてカンボジアの人の笑顔がとても素敵だったこと。
ハニカミが残る笑顔


だからとてもカンボジアのことは気になるのだ。
きっと私たちが行った時より、すごくすごく発展しているのだと思う。

なんだかもう一度訪れたくなった。


この女性が「カンボア人の幸せそうな笑顔の秘密が知りたい」って

私も知りたい。

まあ、でもいいことばかりじゃないけど(笑)
この女性のブログを見ると面白いです。



しかしこの本を読むと。。。
行動する人ってすごいなぁと思います。
[PR]
by kirippi | 2012-05-10 15:36 | アンコールワット

色々な思い出

旅っていいなぁと 今回アンコールワットの旅行記書いてそう思った
気の会う友人と、家族と行く旅って凄い、いいもんだなぁと。

で、このアンコールワットの旅行記(旅行記というより、感想記だけど)
続きがあるんだな。この時は ゴールデンウィーク10日間行ったので
まずはタイに入って、それからアンコールワットのあるシュリムアップ。
そして最後にベトナム。

私、実はアジア大好きなのでタイは結局3回も行ってる
だからタイとベトナムにさえいければ良かったので・・・。

アンコールワットは、ともちゃんの従妹のよっちゃん(なぜか私も違う場所で知り合った友人)
行っていたので、それで「いいねぇ」ってことになった模様。

だからなーーんも知識もなく行った、カンボジア。
だけど最高の旅になった。

なので、次のベトナムの出来事もUPすることにします
(やっとアルバムが見つかったので(^^ゞ

カンボジアに行ったと行っても、プノンペンとシュリムアップ(アンコール遺跡がある街)
まったく違うんだと思う。だからシュリムアップの街のことだけで、カンボジアはっていうのも
ちょっと違うかもしれない

だけど、本当に行ってよかったなぁと 思う場所。

そんなシュリムアップの街の最後の日の写真が見つかったので乗せてみます

f0170305_15291543.jpg


こういうバイクに4ケツしたのだ(笑)

f0170305_1529426.jpg


舗装されてない道路。今はホテルが立ち並ぶ街なので、また違う雰囲気かも

f0170305_15295882.jpg


今あのメンバーで行ったら何を思うんだろうな。
いや、思い出は綺麗なままがいんだろうなぁ

f0170305_15301341.jpg

[PR]
by kirippi | 2008-11-07 15:33 | アンコールワット

伝えてください

アンコールワットへの旅行。

色々な出会いをもたらしてくれた最高の旅行

ガイドさんがお別れのときに
「またカンボジアに来てください」でなくて

「カンボジアは地雷があり怖い地域でないことを伝えてください」

平和な国であることを・・・って

この最後の言葉の話はともちろちゃんが書くべきだと思う。


こないだ斉藤茂太さんの本を読んでいたら、カンボジアに学校を
作ろうという活動をしている金八先生の脚本家の小山内さんの言葉をみつけた

「時間がある人は時間を、お金がある人はお金を
なにかやらなきゃといいながらも
なにもやらないのが一番ダメだ」

今の私。カンボジアに、アンコールワットに行き 色々なものを貰った

そのお礼はなにもしてない。

自分には何が出来るのだろうか。今一度考える時が来ている気がする


アンコールワットの最後の晩だったと思う。
夜ご飯を食べに行った帰りに、夜遊びしてるガイドさんとバッタリ出会った
なぜかバイク(カブ)に 4人で乗ったんだ
ガイドさん運転で、次に私、そしてともちゃん、そしてねーさんと
4ケツってやつ(笑)

ガイドさんがバイクを走らせながら
「このままアンコールワットまで行きたいな」って言ったんだよね

説明するとシュリムアップという街があり、アンコールワットの遺跡郡までは
ちょっと距離がある。そしてカンボジア人は無料でアンコールワットの遺跡に入れるけど
外国人は許可証みたいなのを購入する。

もうその時点で私たちの許可証はなかったから行けないんだけどね。

純粋にアンコールワットまで行きたいなっていった彼の言葉

なんか私なんて笑っていたような気がする。

みんなで笑って返答しなかった気がする

そんな彼との思い出は、心が温かくなる。


今のままの純粋さを持っていて欲しいと願うけれども
どんどん成長する国でもあって欲しい。

純粋な笑顔を持って生きて行って欲しいな
子供たちのあの笑顔。教育を受けさせてあげたいな

私は地雷の事より、明るい未来のために、寄付という形でしか出来ないけれど
やりたいなぁとやっぱり強く思う。

行動しよう。
[PR]
by kirippi | 2008-10-28 16:04 | アンコールワット

おごる、奢る、驕る

アンコールワットの旅行記の途中で色々な事があり
中断したまんま、時々思い出したように書いていた。
でも実は一番私の中で心が痛くなる思い出を書いてなかった。

なぜならば、日本人として最低なことをやってしまったから。

アンコールワットの旅は何度も何度も書いてきたように、とても素晴らしい人と出会い
とても素敵な友人と、とても偉大な場所へ出掛けた 最高な旅行だった

アンコールワット遺跡のある、シュリムアップと言う街は今は色々なホテルも出来
それこそレストランもたくさん出来ている。
でも私たちの行った当時は、レストランも少なかった

その中で美味しいと言われていた「グリーンハウス」っていうレストラン(食堂)へ。
ガイドさんと運転手のナーさんと一緒に夕飯をすることに。

f0170305_15143915.jpg


運転手のナーさんはお茶。後はビール(アンコールワットビール)を2本とか

私たちは「これ食べたい~~」「これもいいねぇ~」「じゃあこれにしようか」と
いつものように適当に頼んだ。
ナーさんたちにも希望を聞いたんだと思う。ナーさんはご飯と言ったような気がする。

だけど私たちにとっては「とりあえず」っていう気持ちで頼んでいたんだと思う。

頼んだものはこんな感じ。なぜかボケてるこの写真しかない

f0170305_15192756.jpg
 

サラダに炒め物とスープ。このスープはガイドさんかナーさんのお勧めだったのかぁ?
私たちだったら頼まないものね。
ビール飲んでたしねぇぇ。

とにかく楽しい時間で、わいわいビール飲んではしゃいでたんだと思う。

アンコールワットの暑さに、バテ始めていた私たちの食欲はいつもより確実に落ちていた
だからかなり残した。

味も美味しくって、楽しくって満足した。ご馳走様ですと

お会計はもちろん私たち。「あぁ~~いいよ~~いいよぉ~~」

お会計は当時(2000年)で、多分1200円とか2400円とかだったのかなぁ。
明確に覚えてないけど、とにかく3人で金額聞いて

「安い~~~~~~っ」


って叫んだのも覚えてるし、一人分の食事代だなぁと思った記憶があるから
せいぜい2000円もしなかったんだと思う。



だけど、ナーさんの言葉が今でも胸に残り、黒い嫌な気持ちがわいてくる

ナーさんは家に電話も無く、奥さんと子供さんが3人いた(だったと思う)
そのナーさんが「普通はこの1品を家族で分け合って食べます」


とってもとっても、申し訳ない気持ちになった

豊かな国の日本から来た、女の子3人組。

通貨の違いがあるからね、なんともいえないけどさ。
残してしまったことに今も後悔の気持ちがうずく。

あの時ムリして食べれば良かったなと・・・・。

ご飯をご馳走する 「おごる」

「おごる」を変換すると 「奢る」 人に振舞う。

そしてもうひとつ出てくる「驕る」 おごりたかぶる。思い上がる

私たちのしたことは「思い上がる」っていう意味の「おごる」だったのかも

ご飯を一緒に食べると言う事は、相手の気持ちも色々なことも思いやって
みんなが楽しく食べるべき事。

今では絶対に一緒にご飯を食べる時には、そういう事を考えるようになった。
[PR]
by kirippi | 2008-10-23 15:32 | アンコールワット

やっちゃった・・・・

アンコールワット観光の目玉って、朝日と夕日。
ツアーの観光の中には、アンコールワットで見る朝日がある

前の晩、ガイドさん達と夜ごはんを食べた私たちに
お礼にとガイドさんが地元の人しか行かない喫茶店みたいな
ところに連れて行ってくれた。
真っ暗中、寝起きに行くお店,本当にカンボジア人しかいない・・・。
興味津津ワクワクで
ガイドさんの奢りなのに、肉まんとか頼んでもらった私たち

f0170305_2131282.jpg


そしてベトナムと同じ、コンデンスミルクが下にあるコーヒー
なぜか中国みたいな揚げパン(?)がついてくる

f0170305_21323431.jpg


なぜかともちろはお茶。それ以外はコーヒー
くれぐれも言うけど「現地ガイドさんの奢り」

f0170305_21332187.jpg


ガイドさんに「ありがとう~~」と言いながら、こんな場所で
お茶することに少しの緊張とワクワクを感じ




てた・・・ら・・・・・



f0170305_21354966.jpg




店内に響くねーさんの声



f0170305_21372662.jpg





固まるともちろ。
一瞬の「シーーーーン」となったら雰囲気。
(なんか私の記憶では誰も笑わなかったような・・・)


しかものんびりしすぎて、この日のメインイベント



f0170305_21413715.jpg



外へ出たら日がさし始めていた・・・。


f0170305_21422482.jpg



ともちろの残念そうな顔が忘れられない。


f0170305_21431288.jpg



でも貴重な経験で楽しかったんだけどね。
次の日「追加料金払ってアンコールワットの朝日を見たんだ」けど(ーー゛)
[PR]
by kirippi | 2008-09-07 21:45 | アンコールワット

とりあえず・・・。

今アンコールワットの旅行記を書こうと思ったら
写真が足りないので、また明日にします

が、Youtubeで見つけたアンコールワットの動画を



私たちが行った当時、デジカメがあったらよかったのにね
動画も撮れたのに・・・。
[PR]
by kirippi | 2008-09-05 15:49 | アンコールワット

相手の気持ち

アンコールワット旅行記 書きかけのままだった
とあるブログで旅の日記を読んでいたら、また書きたくなった
(良かったらアンコールワットのカテゴリー見てくださいませ)

旅行が楽しかった話とか、子供たちの事とか美しい事しか書いてないから
実は知らない間に「豊かな日本人の癖」を出してしまった、苦い思いでは
まだ書いてなかった

なぜなら実はこの写真を探していたのだ。
この写真がないと次にはいけないのかなぁと思っていたから

f0170305_1537131.jpg


シュリムアップの空港で、濃密な日々を過ごしたガイドさんと
運転手さんとのお別れの時

ともちゃん大泣き。

この写真を撮るときに、盛り上がって腕を組んだ
とっても楽しそうでしょ

ちなみに私真ん中で 左隣が ガイドのPさん

一番左がともちろ。私の右横が運転手のナーさん そしてねーさん

ねーさんはナーさんの腕を組んでいない

後で写真が出来てから、気がついてねーさんに聞いた

「だって、ああいう人ってそういうの嫌がるかなぁと思ったから」

そう、ナーサンはとっても純粋な人。奥さんと子供さんと質素に
電話も無い生活をしていた人

今思えば、あの時腕を簡単に組んでしまったけど、それは良くない事
だったのかも知れない。

日本人は今はへっちゃらで、ノリで腕を組んでも平気だけど
カンボジアはどうだったんだろう?

思慮深いねーさんと単純な私。

その差が出た写真でもある。

この写真後で現地ガイドさんに送ってしまったけど、
よかったのかなぁ。


そうそう、この空港。私たちの後ろに写ってる入り口から入り
反対側の出口から飛行機に乗る。
本当に小さい小さい飛行場
そしてそこでは警察官が、警察のバッジとか無言で売っている
机の上にぽ~んと置いてあり、売り物なんだって
[PR]
by kirippi | 2008-09-04 15:49 | アンコールワット

プレゼント

f0170305_3273523.jpg


ロンドンに行った時に買った「えんぴつ」
クマさんの「えんぴつ」
可愛くてもったいなくて使えずにいる

そして「えんぴつ」を使う機会の少ない私

タイムマシーンに乗れるならば、これを持って


f0170305_330583.jpg


アンコールワットの遺跡で会った女の子

私を指さして書いてくれた絵をプレゼントしてくれたお礼に

 「はい どうぞ」

そんなことが出来たらいいね
[PR]
by kirippi | 2008-06-06 03:33 | アンコールワット

大好きな写真

アンコールワットで撮った写真で、純粋に好きな写真はこれ

f0170305_18222293.jpg


子供たちと遊んでいた時の写真。

なんか何も考えずに楽しかったと思えるひとコマだから。

世界のどこでも基本的に子供は子供なんだなぁと思えた

俺は木に登ってマンゴー取れるんだぜ!f0170305_18274171.jpg

と自慢げにマンゴーを取ってきて、
私たちに構って貰いたい素振りをしてた男の子
今思えばそのマンゴー食べたかった(笑) 
熟してなかったけどさ



「飛び込むのだってへっちゃらだよぉ~」と自慢げに飛び込むコ

f0170305_18284239.jpg


どこも子供って変わらないなぁと微笑ましい。

この時なにしてたんだっけ?
どんどん子供が増えていったんだと思われる

f0170305_18321077.jpg



ねーさんは、ガイドさんとまた新婚さん状態(笑)

f0170305_18325654.jpg


何枚かこの場所での写真はあるんだけど、子供たちはみな笑ってるし
ともちろちゃんをチラ見して笑っている子供とかもあったし
なんか好きだなぁと思える写真

・・・・王の沐浴の為に作られた場所なんだけど
   それさえも子供たちの遊び場


だけど私 これ偽善的な一枚っぽくない?と
今思うと「ん??」って思えるものでもある
[PR]
by kirippi | 2008-06-02 18:42 | アンコールワット

タプローム寺院

f0170305_1421973.jpg


「巨大に成長したスポアン(ガジュマルの一種の樹)が遺跡を飲み込んでいるような錯覚に陥るこの寺院は、そ の神秘的な姿から日本人の心を強く掴むようです。」

天空の城ラピュタのモデルとか・・・。


がれきの中をかきわけて、姉妹の石像を見に行く

それは次にみたところだっけかな。


誰もが抱く思い 「自然の凄さ」

だけどちょうどしとしと降っていた雨のせいか、
とっても薄気味悪くて怖かった。


今日新しいCDを購入した。
聴きながらアンコールワットの写真を見た。
ヘイリー duet with 本田美奈子 の アメイジンググレイス

この曲にあうのはここしかないなぁと思った。

なんとなく「無力の自分」を見つめたい気分。

と、アルコールの弱い私が一人で飲みながら思った夜中。

しっとりした気分の中、ベロンベロンに酔っぱらった夫のご帰宅
・・・・・(ーー゛) 台無しだ。
[PR]
by kirippi | 2008-05-30 01:42 | アンコールワット


ゆらゆらする私の日々のゆるゆるなお散歩日記写真


by kirippi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
植物
思い出
アンコールワット
気持ち
家族
フミヤ&チェッカーズ
京都
食べ物
友達
日々のこと
手話
旅のこと
写真
会社勤めのときの話
ドリカム
イベント
お勧め情報
娘のこと
未分類

以前の記事

2016年 03月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

お気に入りブログ

カンタとハンナ
てん(天丼)とぎゅう(牛...

excite以外のお気に入り

~MY BLOG~
犬バカ日誌☆

可愛いシーズー3匹の犬バカな
生活の様子です(^^ゞ
本家も是非ご覧下さい

ともちろ日記

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
40代

画像一覧